精神的な苦痛をあびせる上司

職場のいじめではかならずしも学校のいじめのような暴力によるいじめではありません。職場のいじめは、どちらかというと精神的な苦痛のほうが多いです。では、どのようないじめが職場にはあるのでしょうか。

上司が徹底的に無視をする。

職場のいじめで挙げられるのが、上司による徹底的な無視によるいじめです。仕事では同じチームの人間であるにも関わらず、なぜか上司が自分を無視してきます。なぜ上司は無視するのでしょうか。

それは、本当に些細なことです。たとえば、あなたの仕事のできが悪かったり、歯向かうようなことを言ったり、逆に成績がよすぎて気に入らない存在になってしまったりと、さまざまなことが原因であるのですが、それらは客観的に見ればどうでもよいことです。

なのに、その上司はいちいち因縁をつけて、無視してきます。他の社員には好意的に接するのにも関わらず、極端にあなただけには無視をしてくるのです。たまに目が合えば憎しみと嫌悪に満ちた目つきでにらんでくるでしょう。

こうなると、上司との関係はかなり悪化したものになります。また、上司は相当心が荒んだ人物といえるでしょう。まったく持ってチームを率いていく人格とはいえません。しかし、会社はさまざまな理由でその上司を重役として選んでいます。あなたから見る人格がどうであれ、関係ないのです。

とすると、そのような無視をする上司にはどのように接すればいいか。あまり解決策にはならないかもしれませんが、大人の対応をすることでしょう。つまり、深追いせず無視されても気にしないことです。逆に無視で苦しめば苦しむほど、自分が損をします。上司は自分では選べません。親を選べないのと一緒です。無視させたらへこむかもしれませんが、極度に落ち込まないようにしてください。

そして、どうしてもそのいじめに耐えられない場合は、会社を変えてもいいでしょう。職場に相談しても変わらない場合もあります。そのときは、退職してしまいましょう。いつまでも、底辺の上司にあなたの人生を邪魔される筋合いはありません。

たとえ、職場では上下関係があったとしても、一度会社を離れると驚くほどの対等な関係です。そういう関係になれたことに清々しさを感じるのかもしれません。あなたにはあなたの人生があります。重要な決断は勇気をもっておこないましょう!

いじめの経験をパワーに変える

いじめを受けることは非常に辛いことです。

いじめられる人は肉体的にも精神的にもキツいでしょう。

また多くのストレスを生みます。怒りも生じます。

 

なぜ自分だけいじめられるのか、

なぜ自分だけこのようなヒドい仕打ちを受けるのか。

涙とともに暮れる日も続くことでしょう。

 

しかしよく覚えておいてください。

いじめによる強烈なストレスは大きなパワーに変わります。

いじめを克服する、いつか見返す、

そのような力が大きな人生の変化を生みます。

 

有名人にもいじめられていた人は少なくありません。

しかしいじめられた経験が別のパワーを生み出し、

新たな成功の道へ進んでいるのも事実です。

 

いじめにより受けるストレスは強烈なものです。

しかしそのストレスが大きな力を生みます。

 

ジャンプする時に足を曲げ重心を落とすように、

筋力アップする時に敢えて筋肉に負荷をかけるように、

強いストレスは強いパワーを生み出します。

 

ぜひいじめによる強いストレスを抱えたままにしないでください。

実は大きな力を発揮する最大のチャンスであることを知ってください。

 

その力は誰にでも得られるものではありません。

生かすか生かさないかは、あなた次第です。

そのパワーにより、人生が大きく変わるかもしれません。

いじめる人は反撃に弱い

いじめる人は強そうに見えますが、実は反撃に弱いです。

 

いじめる人は、普段は攻撃する側なので、

反撃された時の対処法が分かりません。

いつも攻撃ばかりしているので、防御の仕方が分からないのです。

またいじめる人は、いじめられている人から、

反撃されるわけが無いと思い込んでいます。

 

従ってもし、いじめられている人から反撃されたら、

いじめる人はとても驚くはずです。

そして驚きを隠すために怒るかもしれません。

しかし冷静に反撃を繰り返してみてください。

 

いじめる人は驚きを隠せず、怯むはずです。

いじめる人は実は反撃に弱いのです。

良く覚えていてください。

 

いじめられていると腹が立ちます。

ぜひいじめる人に反撃してみましょう。

きっと反撃されたらいじめる人は驚くはずです。

 

ネットによるいじめ

学校いじめには、ネットによるいじめもあります。

友人間でやりとりするネット上でいじめるケースがあります。

 

それまで親しかった友人が、突然ネットで攻撃します。

ネット上で誹謗中傷を行い、いじめられている人を苦しめます。

 

また共有サイトであるがゆえに、他の友人もサイトを見ることができ、

面白がっていじめに加わることも珍しくありません。

 

サイトによっては、使用者に承認されないと入れないサイトもあり、

ネットでのいじめは発見しにくい傾向にあります。

 

しかしネット上のいじめにより、

精神的ダメージを受ける人も少なくありません。

 

未成年の場合は特にネット利用の危険性が存在します。

家族は子供のネット利用に注意を向けた方が良いでしょう。

性的行為を強要する

社長クラスの人間の人格が乱れている会社も少なくありません。

ある会社の社長クラスの人間が、

部下の女性社員に対してキスを強要することがありました。

 

社長クラスの人間なので、女性社員はキスを拒めば、

会社に居れなくなるため、女性は拒絶できませんでした。

 

このように性的行為によるいじめも職場には存在します。

また強要する相手が社長クラスの人間なので、

いじめられている人は会社に助けを求められません。

社長クラスの人間なので、会社は強要する人間を守るでしょう。

 

職場いじめは、会社が腐敗しきっている場合もあります。

人格形成が出来ていない社長クラスの人間はやりたい放題です。

まるで自身の会社の女性社員を全部自分の女性だと思っています。

 

全ての会社がそうとは言い切れませんが、

自分勝手な考えを持つ社長クラスの人間も少なくないでしょう。

職場いじめは会社の腐敗から来ているところも多いです。

 

 

 

上司が部下に性的発言をする

部下に性的発言をする、とんでもない上司もいます。

男性上司が女性部下に向かって性的発言をすることもあります。

 

男性上司が自身の性体験を女性部下に話したり、

男性上司が女性部下の恋愛経験を無理やり聞いてくることもあります。

 

これらの行為はセクシャルハラスメントとして、

注意を促すこともできるでしょう。

しかしじっと耐えている女性も存在しています。

 

男性上司が自分の立場を悪用して、

女性部下に性的発言によるいじめを繰り返すこともあります。

女生徒が男生徒をいじめる

学校いじめの中には、異性間のいじめもあります。

信じられない人もいるかもしれませんが、

女生徒が男生徒をいじめる場合もあります。

 

特に大人しい男生徒が狙われやすいです。

クラスや部活などで、男生徒より女生徒の人数が多く、

また活発な女生徒がいたりすると、大人しい男生徒が狙われやすいです。

 

大人しい男生徒は性格も穏やかで優しく肉体的には、

女生徒より優れますが、女生徒から攻撃されても反撃しません。

穏やかな男生徒は女生徒からのいじめに耐えていることも少なくないです。

 

女生徒でも相手が反撃してこなければ、いつまでもいじめを繰り返す人がいます。

このように異性間のいじめも学校で起こっているのです。

いじめられている人の立場で考える

いじめを見過ごす人は相手のことを考えてません。

いじめられている人の気持ちが分かっていないと言ってもよいでしょう。

 

いじめが起きている時、いじめられている人のことをよく考えてみてください。

暴言を吐かれたり暴力を振るわれている人の気持ちをよく理解してください。

 

いじめられている人は本当に弱っています。悔しいでしょう。

寂しいです。悲しいです。怖いです。逃げたいです。

ひょっとしたら生きていたくないかもしれません。

 

いじめられている人の気持ちが本当に分かった時、

いじめますでしょうか。いじめを見ているだけでしょうか。

本当にいじめを受けている人の悲痛な思いが分かれば、

行動が違ってくるはずです。

自然と身体がするべき方向へ動くかもしれません。

 

いじめが実際に起きているのなら、

本当にいじめられている人の気持ちを分かってあげてください。

きっと何かが変わるはずです。

周りの人が勇気を持って助ける

実際にいじめが起きていたら、周りの人が勇気を持って、

いじめられている人を助けることです。

 

いじめが起きていても知らん顔する人は少なくありません。

助けるのは面倒くさい、助けたら自分が狙われるなど、

助けない理由を並べて、知らん顔します。

 

周りが助けなければ、いじめは止まりません。

周りが助ければ、いじめは終わるのです。

 

しかし周りの人は自分の保身を考えるばかり。

煩わしさ、恐怖、不安などが邪魔して助けようとしません。

 

いじめが起きていたら勇気を持って助けることです。

いじめは周りの人も試されます。恐怖に打ち勝つ勇気があるか。

助けられない人ははっきり言って勇気の無い人です。

口だけならいくらでも言える人達です。

 

本当に試されるのは、助けられるかの勇気です。

しかし本当に勇気を持った人はごく僅かです。

だからいじめは終わることがありません。

 

しかし周りの人の小さな勇気が、

いじめを止める最大の力になるでしょう。

いじめが起きた時、あなたは勇気がありますか。

会社は一つだけではない

職場のいじめは複雑です。

いじめのことについて、会社に相談したとしても、

いじめている人の地位などにもより、

残念ながら会社がきちんと対応してくれない場合があります。

逆にいじめられている人が悪者扱いされることすらあります。

 

いじめられている人は真面目な人も多く、

いじめられても、その会社に居続けようとします。

 

しかし会社は世の中に一つだけではありません。

いじめのない健全な会社はいくらでもありません。

 

不本意かもしれませんが、職を変えるのも一つの方法です。

いつまでも解決されないいじめを受けていては、

いじめられている人の心も身体も持ちません。

ここは思い切って転職するのも一つの手だと思います。

ただ退職する前に精一杯自分なりに誰かに相談などして、

いじめに立ち向かっていくのもいいかもしれません。

 

ただ自分を雇ってくれる会社は無いだろうと思い悩まないことです。

前向きに取り組んでいれば次の会社はきっと見つかるでしょう。

いつまでも理不尽ないじめに耐える必要もないかもしれません。