いじめる人の家庭状況を知る

いじめ対策としてあげられるのが、

いじめる人の家庭状況を知るということです。

 

いじめには様々な原因があります。

その中の一つに、家庭状況によるいじめの発展があげられます。

 

家族関係が上手くいっていない人は、

不安やストレスから人を痛めつける行為に走ることもあります。

孤独感に苛まれ劣等感をいただき、

弱そうな人を傷つけることで優越感を感じようとしているのかもしれません。

 

いじめる人の家庭状況も把握してみましょう。

なぜいじめるのかが分かるヒントが得られるかもしれません。

いじめる人は家庭状況などにより闇を抱えている場合も少なくないです。

 

学校に相談する

学校でのいじめの対策として効果的なのが、

学校にいじめの相談をすることです。

 

いじめが学校で起きているのなら、

学校にいじめの問題を持ちかけることも良いでしょう。

担任に直接問題を投げかけることもいいですが、

学年主任や校長にも直接相談することも重要です。

 

担任だけに相談した場合は、担任によっては、

自分だけの問題として片付けようとします。

そうではなく、色々な人を巻き込みましょう。

 

いじめはクラスだけの問題ではありません。

学校全体での問題でもあります。

多くの人の頭でいじめについて考えさせましょう。

 

一人では分からなかったいじめの解決策が、

多くの人を巻き込むことで、見えてくるはずです。

友達がいじめる人に変わる

これまで友達だったのに、ある日突然、友達がいじめる人に変わります。

きっかけは、ほんの些細なことです。

ただのおふざけだったのが、段々とエスカレートしていき、

いじめに発展する場合もあります。

 

友達も人を痛めつける快感を覚えます。

それ以来、友達だった人をいじめるようになります。

 

近い存在だった友達がいじめる人になります。

いじめられている人は裏切られた気持ち、

驚きやショックを抱える日々が続きます。

 

ついこの間までは仲が良かったのに、

考えられないような空気が以前友達だった人との間で流れます。

友達がいじめる人になることは多いにありえます。

殴られたら殴り返す

これは必ずしも、いじめの良い対策とされていません。

しかしもし、いじめる人から暴力を受けている状況で、

なにもしなければ、さらに暴力がエスカレートする場合、

殴り返すことも必要になります。

 

いじめる人は加減を知りません。

特にまだ幼い人の場合は、永遠と暴力でいじめてきます。

仮にいじめられている人が逃げ出せない状況で、

尚かついじめている人から暴力を受けている場合は、

殴り返すことも必要になってきます。

 

相手を倒すまでいかなくても構いません。

自分の身を守るために反撃する必要も出てきます。

反撃したことにより、さらに暴力をふるわれると考えなくていいです。

 

今まで反撃してこなくて、急に反撃されたら、

いじめている人はきっと驚くはずです。

また暴力をふるってくるかもしれませんが、

いじめる人も反撃されるかもしれない恐怖がつきまといます。

 

すると次から対応が変わってきます。

反撃すると相手に反撃できるというアピールにもなります。

いつまでもなにも行動に移さずいじめを受けているので、

いじめる人もいじめを繰り返すのかもしれません。

もし勇気がありましたら、反撃してみてください。

きっと何かきっかけを掴むはずです。

 

 

誰かに助けを求める

もしいじめられたら、誰かに助けを求めることは非常に効果的です。

いじめられて、自分でどうしようも出来ないのなら助けを求めましょう。

 

助けを求めたらチクったと思われて、

もっといじめられるのでは、と考える人もいます。

 

気にすることはありません。

いじめに対してどうしようもない状況であるなら、

誰かに助けを求めることは非常に大切です。

 

誰かに助けを求めても何も変わらない。

そう思うかもしれませんが、それはただの思い込みです。

 

人は皆、違う考え、違う意見を持っています。

助けを求めたことにより、自分が想像もしなかったような、

考えや解決策をくれる人は、周りにたくさんいることを、

ぜひとも忘れないでいただきたいです。

 

助けを求めることは恥じることではありません。

他の人の力やアイディアを貰えるチャンスと考えてください。

新たな道へのチャンスです。助けは求めてください。

 

 

怒る

いじめの対策として、怒ることは非常に効果的です。

いじめる側は、いじめられる人は何もしないと思い、

いじめてくる場合も多いです。

 

従っていじめられている人が、いじめに対して怒れば、

いじめている人はビックリすると思います。

 

いじめられっぱなしだろうと思っていたら、

相手が怒ってきたので、驚くことでしょう。

もしかしたら反撃されるかもしれないと、

いじめている方も思うかもしれません。

 

従っていじめられている人は、

いじめに対して怒るだけでも、いじめ対策になります。

 

大人しいタイプの人

いじめらる人は、大人しいタイプの人が多いです。

大人しいタイプの人はあまり感情を表しません。

従って怒ることもあまりありません。

 

大人しい人はいじめられても、あまり反撃しないので、

いじめる人にとっては恰好の標的になることもあります。

 

大人しい人はいじめられても大人しいので、

いじめる人もある意味安心していじめてきます。

 

いじめても大人しいままなので、いじめは続きます。

ずっと大人しいといじめがエスカレートする場合があります。

いじめている人は加減を知りません。

自分勝手に暴言や暴力で攻撃してきます。

大人しい人はじっといじめに耐えていることがあります。

いじめに気がつかない

いじめの原因にあげられる一つに、気づきがないことです。

特に陰湿ないじめの場合は、本当に気づかない所で行われています。

 

見えない所で悪質ないじめが行われているため、

一見、外からではいじめがあるのか分かりません。

影でこそこそいじめているので、当人しか分かりません。

 

このような発見の遅さが、いじめを長くさせます。

いじめる人は、どうすればバレないか、

見破られずにいじめるにはどうすればよいかをよく熟知しています。

 

計画的で悪質ないじめは分かりにくいです。

一見仲良さそうに見えている間柄にも、

陰険で悪質ないじめが起きていることもあります。

 

周りの加担

いじめが起きる原因は、周りの人の加担にも原因があります。

誰かが誰かをいじめた時、その周りの人の反応が、

いじめに大きく影響を及ぼします。

 

もし周りの人もおもしろがって、いじめに加担していけば、

いじめが止まることはないでしょう。

 

また、もしいじめを見ていた人がいじめられている人を助ければ、

自分もいじめられるのではないかと、

いじめを見ていた人が恐怖心を持ち、恐怖心に勝てなければ、

いじめが止まることはないでしょう。

 

いじめは周りの人の加担による場合も多いです。

周りの人がおもしろがって、いじめに協力したり、

自分の保身ばかり考えて、助けなかった場合に、

いじめはどんどん大きく膨らんでいくでしょう。

 

いじめる側の心の弱さ

いじめの原因として、いじめる側の心の弱さがあげられます。

実はいじめる人は、心が弱い人です。

いじめる人は、心が弱いからいじめていると考えられます。

 

いじめる人は自分が弱いことを知っています。

というか自分が弱いことを感じているかもしれません。

 

けれどもいじめる人は自分が弱いと思いたくありません。

自分が弱いと誰かに責められるのではないかという恐怖から、

自分の弱さを認めることが出来ないのです。

 

従って自分の弱さをどこかで感じていても、

弱さから必死に目を背こうとします。

弱いことを認めようとしません。

 

さらに弱くない自分を探し始めます。

自分より弱そうな相手を探します。

 

そして自分より弱そうな相手をいじめます。

こうすることで、いじめている人は、自分強い人間だと思います。

これで自分は弱さで誰からも責められることは無いと安心します。

 

いじめはいじめる側の心の弱さから生まれることもあります。

実はいじめている人は、弱い人間なのです。