殴られたら殴り返す

これは必ずしも、いじめの良い対策とされていません。

しかしもし、いじめる人から暴力を受けている状況で、

なにもしなければ、さらに暴力がエスカレートする場合、

殴り返すことも必要になります。

 

いじめる人は加減を知りません。

特にまだ幼い人の場合は、永遠と暴力でいじめてきます。

仮にいじめられている人が逃げ出せない状況で、

尚かついじめている人から暴力を受けている場合は、

殴り返すことも必要になってきます。

 

相手を倒すまでいかなくても構いません。

自分の身を守るために反撃する必要も出てきます。

反撃したことにより、さらに暴力をふるわれると考えなくていいです。

 

今まで反撃してこなくて、急に反撃されたら、

いじめている人はきっと驚くはずです。

また暴力をふるってくるかもしれませんが、

いじめる人も反撃されるかもしれない恐怖がつきまといます。

 

すると次から対応が変わってきます。

反撃すると相手に反撃できるというアピールにもなります。

いつまでもなにも行動に移さずいじめを受けているので、

いじめる人もいじめを繰り返すのかもしれません。

もし勇気がありましたら、反撃してみてください。

きっと何かきっかけを掴むはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>