いじめの経験をパワーに変える

いじめを受けることは非常に辛いことです。

いじめられる人は肉体的にも精神的にもキツいでしょう。

また多くのストレスを生みます。怒りも生じます。

 

なぜ自分だけいじめられるのか、

なぜ自分だけこのようなヒドい仕打ちを受けるのか。

涙とともに暮れる日も続くことでしょう。

 

しかしよく覚えておいてください。

いじめによる強烈なストレスは大きなパワーに変わります。

いじめを克服する、いつか見返す、

そのような力が大きな人生の変化を生みます。

 

有名人にもいじめられていた人は少なくありません。

しかしいじめられた経験が別のパワーを生み出し、

新たな成功の道へ進んでいるのも事実です。

 

いじめにより受けるストレスは強烈なものです。

しかしそのストレスが大きな力を生みます。

 

ジャンプする時に足を曲げ重心を落とすように、

筋力アップする時に敢えて筋肉に負荷をかけるように、

強いストレスは強いパワーを生み出します。

 

ぜひいじめによる強いストレスを抱えたままにしないでください。

実は大きな力を発揮する最大のチャンスであることを知ってください。

 

その力は誰にでも得られるものではありません。

生かすか生かさないかは、あなた次第です。

そのパワーにより、人生が大きく変わるかもしれません。

いじめる人は反撃に弱い

いじめる人は強そうに見えますが、実は反撃に弱いです。

 

いじめる人は、普段は攻撃する側なので、

反撃された時の対処法が分かりません。

いつも攻撃ばかりしているので、防御の仕方が分からないのです。

またいじめる人は、いじめられている人から、

反撃されるわけが無いと思い込んでいます。

 

従ってもし、いじめられている人から反撃されたら、

いじめる人はとても驚くはずです。

そして驚きを隠すために怒るかもしれません。

しかし冷静に反撃を繰り返してみてください。

 

いじめる人は驚きを隠せず、怯むはずです。

いじめる人は実は反撃に弱いのです。

良く覚えていてください。

 

いじめられていると腹が立ちます。

ぜひいじめる人に反撃してみましょう。

きっと反撃されたらいじめる人は驚くはずです。

 

女生徒が男生徒をいじめる

学校いじめの中には、異性間のいじめもあります。

信じられない人もいるかもしれませんが、

女生徒が男生徒をいじめる場合もあります。

 

特に大人しい男生徒が狙われやすいです。

クラスや部活などで、男生徒より女生徒の人数が多く、

また活発な女生徒がいたりすると、大人しい男生徒が狙われやすいです。

 

大人しい男生徒は性格も穏やかで優しく肉体的には、

女生徒より優れますが、女生徒から攻撃されても反撃しません。

穏やかな男生徒は女生徒からのいじめに耐えていることも少なくないです。

 

女生徒でも相手が反撃してこなければ、いつまでもいじめを繰り返す人がいます。

このように異性間のいじめも学校で起こっているのです。

いじめられている人の立場で考える

いじめを見過ごす人は相手のことを考えてません。

いじめられている人の気持ちが分かっていないと言ってもよいでしょう。

 

いじめが起きている時、いじめられている人のことをよく考えてみてください。

暴言を吐かれたり暴力を振るわれている人の気持ちをよく理解してください。

 

いじめられている人は本当に弱っています。悔しいでしょう。

寂しいです。悲しいです。怖いです。逃げたいです。

ひょっとしたら生きていたくないかもしれません。

 

いじめられている人の気持ちが本当に分かった時、

いじめますでしょうか。いじめを見ているだけでしょうか。

本当にいじめを受けている人の悲痛な思いが分かれば、

行動が違ってくるはずです。

自然と身体がするべき方向へ動くかもしれません。

 

いじめが実際に起きているのなら、

本当にいじめられている人の気持ちを分かってあげてください。

きっと何かが変わるはずです。

周りの人が勇気を持って助ける

実際にいじめが起きていたら、周りの人が勇気を持って、

いじめられている人を助けることです。

 

いじめが起きていても知らん顔する人は少なくありません。

助けるのは面倒くさい、助けたら自分が狙われるなど、

助けない理由を並べて、知らん顔します。

 

周りが助けなければ、いじめは止まりません。

周りが助ければ、いじめは終わるのです。

 

しかし周りの人は自分の保身を考えるばかり。

煩わしさ、恐怖、不安などが邪魔して助けようとしません。

 

いじめが起きていたら勇気を持って助けることです。

いじめは周りの人も試されます。恐怖に打ち勝つ勇気があるか。

助けられない人ははっきり言って勇気の無い人です。

口だけならいくらでも言える人達です。

 

本当に試されるのは、助けられるかの勇気です。

しかし本当に勇気を持った人はごく僅かです。

だからいじめは終わることがありません。

 

しかし周りの人の小さな勇気が、

いじめを止める最大の力になるでしょう。

いじめが起きた時、あなたは勇気がありますか。

いじめる人の家庭状況を知る

いじめ対策としてあげられるのが、

いじめる人の家庭状況を知るということです。

 

いじめには様々な原因があります。

その中の一つに、家庭状況によるいじめの発展があげられます。

 

家族関係が上手くいっていない人は、

不安やストレスから人を痛めつける行為に走ることもあります。

孤独感に苛まれ劣等感をいただき、

弱そうな人を傷つけることで優越感を感じようとしているのかもしれません。

 

いじめる人の家庭状況も把握してみましょう。

なぜいじめるのかが分かるヒントが得られるかもしれません。

いじめる人は家庭状況などにより闇を抱えている場合も少なくないです。

 

学校に相談する

学校でのいじめの対策として効果的なのが、

学校にいじめの相談をすることです。

 

いじめが学校で起きているのなら、

学校にいじめの問題を持ちかけることも良いでしょう。

担任に直接問題を投げかけることもいいですが、

学年主任や校長にも直接相談することも重要です。

 

担任だけに相談した場合は、担任によっては、

自分だけの問題として片付けようとします。

そうではなく、色々な人を巻き込みましょう。

 

いじめはクラスだけの問題ではありません。

学校全体での問題でもあります。

多くの人の頭でいじめについて考えさせましょう。

 

一人では分からなかったいじめの解決策が、

多くの人を巻き込むことで、見えてくるはずです。

殴られたら殴り返す

これは必ずしも、いじめの良い対策とされていません。

しかしもし、いじめる人から暴力を受けている状況で、

なにもしなければ、さらに暴力がエスカレートする場合、

殴り返すことも必要になります。

 

いじめる人は加減を知りません。

特にまだ幼い人の場合は、永遠と暴力でいじめてきます。

仮にいじめられている人が逃げ出せない状況で、

尚かついじめている人から暴力を受けている場合は、

殴り返すことも必要になってきます。

 

相手を倒すまでいかなくても構いません。

自分の身を守るために反撃する必要も出てきます。

反撃したことにより、さらに暴力をふるわれると考えなくていいです。

 

今まで反撃してこなくて、急に反撃されたら、

いじめている人はきっと驚くはずです。

また暴力をふるってくるかもしれませんが、

いじめる人も反撃されるかもしれない恐怖がつきまといます。

 

すると次から対応が変わってきます。

反撃すると相手に反撃できるというアピールにもなります。

いつまでもなにも行動に移さずいじめを受けているので、

いじめる人もいじめを繰り返すのかもしれません。

もし勇気がありましたら、反撃してみてください。

きっと何かきっかけを掴むはずです。

 

 

誰かに助けを求める

もしいじめられたら、誰かに助けを求めることは非常に効果的です。

いじめられて、自分でどうしようも出来ないのなら助けを求めましょう。

 

助けを求めたらチクったと思われて、

もっといじめられるのでは、と考える人もいます。

 

気にすることはありません。

いじめに対してどうしようもない状況であるなら、

誰かに助けを求めることは非常に大切です。

 

誰かに助けを求めても何も変わらない。

そう思うかもしれませんが、それはただの思い込みです。

 

人は皆、違う考え、違う意見を持っています。

助けを求めたことにより、自分が想像もしなかったような、

考えや解決策をくれる人は、周りにたくさんいることを、

ぜひとも忘れないでいただきたいです。

 

助けを求めることは恥じることではありません。

他の人の力やアイディアを貰えるチャンスと考えてください。

新たな道へのチャンスです。助けは求めてください。

 

 

怒る

いじめの対策として、怒ることは非常に効果的です。

いじめる側は、いじめられる人は何もしないと思い、

いじめてくる場合も多いです。

 

従っていじめられている人が、いじめに対して怒れば、

いじめている人はビックリすると思います。

 

いじめられっぱなしだろうと思っていたら、

相手が怒ってきたので、驚くことでしょう。

もしかしたら反撃されるかもしれないと、

いじめている方も思うかもしれません。

 

従っていじめられている人は、

いじめに対して怒るだけでも、いじめ対策になります。