いじめる側の心の弱さ

いじめの原因として、いじめる側の心の弱さがあげられます。

実はいじめる人は、心が弱い人です。

いじめる人は、心が弱いからいじめていると考えられます。

 

いじめる人は自分が弱いことを知っています。

というか自分が弱いことを感じているかもしれません。

 

けれどもいじめる人は自分が弱いと思いたくありません。

自分が弱いと誰かに責められるのではないかという恐怖から、

自分の弱さを認めることが出来ないのです。

 

従って自分の弱さをどこかで感じていても、

弱さから必死に目を背こうとします。

弱いことを認めようとしません。

 

さらに弱くない自分を探し始めます。

自分より弱そうな相手を探します。

 

そして自分より弱そうな相手をいじめます。

こうすることで、いじめている人は、自分強い人間だと思います。

これで自分は弱さで誰からも責められることは無いと安心します。

 

いじめはいじめる側の心の弱さから生まれることもあります。

実はいじめている人は、弱い人間なのです。