いじめられている人の立場で考える

いじめを見過ごす人は相手のことを考えてません。

いじめられている人の気持ちが分かっていないと言ってもよいでしょう。

 

いじめが起きている時、いじめられている人のことをよく考えてみてください。

暴言を吐かれたり暴力を振るわれている人の気持ちをよく理解してください。

 

いじめられている人は本当に弱っています。悔しいでしょう。

寂しいです。悲しいです。怖いです。逃げたいです。

ひょっとしたら生きていたくないかもしれません。

 

いじめられている人の気持ちが本当に分かった時、

いじめますでしょうか。いじめを見ているだけでしょうか。

本当にいじめを受けている人の悲痛な思いが分かれば、

行動が違ってくるはずです。

自然と身体がするべき方向へ動くかもしれません。

 

いじめが実際に起きているのなら、

本当にいじめられている人の気持ちを分かってあげてください。

きっと何かが変わるはずです。