周りの人が勇気を持って助ける

実際にいじめが起きていたら、周りの人が勇気を持って、

いじめられている人を助けることです。

 

いじめが起きていても知らん顔する人は少なくありません。

助けるのは面倒くさい、助けたら自分が狙われるなど、

助けない理由を並べて、知らん顔します。

 

周りが助けなければ、いじめは止まりません。

周りが助ければ、いじめは終わるのです。

 

しかし周りの人は自分の保身を考えるばかり。

煩わしさ、恐怖、不安などが邪魔して助けようとしません。

 

いじめが起きていたら勇気を持って助けることです。

いじめは周りの人も試されます。恐怖に打ち勝つ勇気があるか。

助けられない人ははっきり言って勇気の無い人です。

口だけならいくらでも言える人達です。

 

本当に試されるのは、助けられるかの勇気です。

しかし本当に勇気を持った人はごく僅かです。

だからいじめは終わることがありません。

 

しかし周りの人の小さな勇気が、

いじめを止める最大の力になるでしょう。

いじめが起きた時、あなたは勇気がありますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>